うたかたなあれやこれや

思いついたときにぽろぽろっと更新しています。ライトなオタ活、日頃考えていること、本の感想など。

姑獲鳥の夏 京極夏彦

http://www.amazon.co.jp/gp/aw/d/4062638878/ref=mp_s_a_1_1?qid=1453816002&sr=8-1&pi=SY200_QL40&keywords=%E5%A7%91%E7%8D%B2%E9%B3%A5%E3%81%AE%E5%A4%8F&dpPl=1&dpID=518PCCM3G0L&ref=plSrch

小さい頃からたくさんの本を読んできた
けれど、推理小説はほとんど読まずでした。
どこから手をつけていいやらさっぱりだで知人におすすめしてもらったところ、最初にあがったのがこの一冊。

京極夏彦さん、有名なのは知ってるけれど読んだことない!
と思って読んでみました。

こじらせ男の私小説でがっつり探偵ものかつオカルトといった雰囲気。
盛りだくさんなのに、それぞれが不可欠なピースとしてきちんと機能しているところが素晴らしい。

知人のおすすめポイントは改行のこだわりだったんですが、たしかに特徴的な改行の活用でした。
場面の転換を嫌が応にもしますよって感じ。

ずいぶん分厚い本だったけれど、面白くてページを繰る手が止まらず。
京極堂シリーズとして数冊あるそうなので、続きも読んでみようと思いました。