うたかたなあれやこれや

初めまして、もとみです。日記として毎日更新することが今の目標です。とりとめない日常と、ライブや映画の感想をつらつらと。

楽園のカンヴァス

原田マハの楽園のカンヴァスを読みました。
山本周五郎賞受賞作。

美術小説でサスペンスでラブストーリー。
一時ははっとするほど鬼気迫る、というか。ピリピリとした息苦しさがあったのですが。
帰着点は性善説でした。別に良いんですが、もう少し脇役のドラマに含みを持たせてくれた方が個人的には好み…。
不自然なほどにあるべきところに収まるラストは原田マハさんの他の作品にも通ずると思います。
だからこそ安心して読めるとも言える。